沖縄で働くリゾートバイトの探し方~短期・住み込みOK

リゾートバイトの注意点

リゾートバイトが出来ると思って大喜びしていたところ、雇用先からNGを受けてしまうなどということのないように、リゾートバイトをする上での注意点についてはちゃんと知っておきましょう。

身だしなみは控えめに

リゾートバイトの仕事内容にもよるのですが、服装や身だしなみにはかなり厳しい職場もあります。
勘違いしてはいけなのは、自分はお客さまではなく、お客さまを迎える方であるということ。
お客さま以上に目立つ派手なスタイルでは、スタッフとしては不合格になってしまいます。
特に直接お客さまと接する仕事では、何より清潔感が一番。
観光地によってはご年配のお客さまも多いですから、不快感を与えてしまうようでは雇うほうも困りますね。
日本もかなりファッションや髪型の自由度に対する認識がゆるくなってきたとは言え、お金をもらうプロである以上、ニーズにはちゃんと応えましょう。

長い爪は避けましょう

女性はせっかくキレイなジェルネイルをしたのに・・・と思っても、接客業で長い爪は基本的に許されません。
小さな子どももいますしご年配の方もいますから、お客様自身に傷をつける危険性もあります。
そもそも住み込みで働く間にケアが出来なくでハゲハゲになっても見苦しいですし、キレイに仕上げるのはバイトが終了してからにしましょう。
厨房は当然ですが、清掃も変わりません。
男性もしっかりケアして爽やかなスタッフでいてくださいね。

請求するものはキッチリと

プロとして働く以上、身だしなみも清潔感も社会のルールをきちんと守るのは当然として、その分働いただけのものはキッチリともらうようにしてください。
多いのは、時間外勤務の分がちゃんと計算されていないことです。
繁忙期ですからかなり残業は多くなりますし、休日も結局仕事をすることになるケースも少なくありません。
そこはボランティアではありませんから、働いた時間はきちんと明記して、働いた分はしっかり請求してください。
不明なまま作業をしてしまうのではなく、仕事につけて良いかどうかはその場で確認するのが正解ですね。
「言いにくい」とか「まあいいか」という考え方はプロとして間違いです。